保管料無料の宅配クリーニングで収納の手間いらず。保管期間最大8ヶ月で大切なお洋服をお預かりします。

保管クリーニングなら全国宅配クリーニングのデア。保管料無料、保管期間最大8ヶ月以内ならいつでも保管期限を指定できます。

保管とクリーニングはクリーニングのデアへご相談ください

宅配クリーニング(全国対応・1万円以上送料無料)と保管サービス(保管期間最大8か月・保管料無料)はデア

保管クリーニングのデア・衣類のお手入れ

見えない衣服の汚れ

保管クリーニングと衣類のお手入れ

汚れは、1日、2日では変化しない。しみも落ちやすい。でも、一週間たつと定着してしまい、急に落ちなくなります。 汚れが酸化すると、繊維は傷み、徐々に変色してきます。目立った汚れがなくても衣服は、着れば確実に汚れてきます。 見えない汚れが変化して、買ったときの風合いがなくなってくるのです。 洗濯を定期的にしていくと、衣服は何年でも着こなすことが出来ます。着用した後、こまめにブラシをかけて手入れをするだけで、 外からの汚れの程度は、かなり軽減されます。汚れが見えなくても、定期的にクリーニングに出すのが、衣類の手入れの基本です。

汚れたままにしないで

保管クリーニングと衣類のお手入れ

汚れが落ちないまま収納すれば、カビや虫食いの原因にもなります。
カビや虫食いは、食べ汚しなどの成分が大好き。収納スペースの他の衣類にも悪影響を与えます。
カビは湿気があると繁殖します。虫は卵を産みつけ、春先に孵り、他の衣服にえさを求めて移動します。
カビは時間が経つと、クリーニングの専門家でも落とすのが困難になります。

衣類の黄ばみ(黄変)

保管クリーニングと衣類のお手入れ

黄ばみの原因は、主に「汗」ですが、白いブラウスの脇の下や襟まわりが黄変している原因は「汗」や「脂肪」であると考えられます。汗は、やがて空気中の酸素により酸化されて次第に黄変してきます。汗の成分はほとんどが塩分。ドライクリーニングでは落ちません。汗をかいたら、こまめに家庭で水洗いしましょう。

ウールや絹でもやさしいすすぎ洗いであれば、生地を痛めません。お湯は禁物です。これで汗の黄ばみは防げます。脇の下が汗で黄変してしまったら、クリーニングに出しても取れないことがあります。

衣類が黄ばんでしまったら

保管クリーニングと衣類のお手入れ

洗剤をいつもより少なめに、やさしく水洗いをした後、漂白です。漂白剤の種類をくれぐれも間違わないように。お湯は禁物です。温度が高くなればなるほど、漂白剤の作用が強くなり、失敗する可能性も高まります。塩素系は体にかかってしまうと、皮膚の炎症を起こします。常温で、黄ばんだ箇所にブラシで塗りつけ、水で流します。少し色が薄まってきたら、漂白ができるということですから、もう一度繰り返してください。これが出来れば、他のしみ、汚れなどの変色の漂白に応用できます。

衣類全体が黄ばんでしまった場合以外、漬け置きや、洗剤と一緒に洗濯機に入れて、漂白するのは勧めません。クリーニング プロでも部分漂白が原則です。結果がどうなるのかが確認できないからです。

ナイロン製品や絹製品の黄変

保管クリーニングと衣類のお手入れ

ナイロン製品や絹製品はよく黄変します。絹は汗や汚れで、変色するだけでなく、繊維自体が酸化されることにより黄変します。特に湿った状態では黄変し易い為、汗が付いたまま、湿った場所での保管は禁物です。絹は紫外線にも当たると黄変することがあります。いわゆる日焼けを起こしやすい繊維です。

紫外線の強い日に長く外にいると、日焼けを起こしたりするので、注意が必要です。日の当たる場所に保管するのは、厳禁。ナイロンや絹製品でなくても、同じです。洗濯物を干す場合も、渇きがいいからといって、紫外線の強い日は、干し過ぎないように。乾いたらすぐにしまう。出来れば陰干しをお勧めします。

漂白剤の種類

保管クリーニングと衣類のお手入れ

白物の黄ばみを取ったり、色・柄をきれいにするために漂白剤を使用します。 漂白剤には次の3タイプがあります。クリーニング プロもこの3タイプを使い分けて、シミ汚れを除去しています。いずれも失敗することがありますので、必ずテストをしてから使用して下さい。

■塩素系漂白剤
綿、麻、ポリエステルなどの白物に使用します。効果が早いので、色・柄物に少しでも付着すると変色を起こします。直接手にはかからないように、取り扱いには厳重に注意をしてください。

■酸素系漂白剤
色・柄物に使用できます。効果はゆっくりで、効果が遅い場合は、温度を上げていきます。60度が限界です。ただし、変色する製品もありますので、予め見えないところで試しをして下さい。

■還元漂白剤
ウールや絹の白物に使用できます。 色・柄物には使用できず、他にも使えないものがあります。パッケージの注意をよく見てください。

日焼け(色やけ)は、元に戻らない

保管クリーニングと衣類のお手入れ

紫外線の強い日に長く外にいると、洋服は日焼けを起こしたりします。毎日長く車を運転していると、日によく当たるひざの辺りが、変色してくることがありますね。
人と同じで、衣服も紫外線に弱いのです。気に入っているからと言って、毎日着るのではなく、服も休ませましょう。陽の強い日は、綿や麻など、比較的紫外線に強い素材のものを選んで着用するのが、おしゃれと考えたいものです。日焼けは繊維自体が変色してしまっているので、これはもう元には戻りません。クリーニングの技術では、直りません。

修正は2つの方法があります。特別な技術による漂白。もうひとつは「色かけ」と言って、変色したところに同じ色をかけ、変色を消してしまうのですが、技術的に大変難しく、繊維の種類や生地の模様によって、出来ないものがあります。

陰干しの勧め

保管クリーニングと衣類のお手入れ

衣服は、紫外線に弱いだけでなく、熱にも弱い。洗濯した後、しみ、黄ばみなど、汚れが取れないままに、紫外線に当たると、酸化して定着してしまいます。また高い温度(50度以上)の乾燥機で攪拌されると、汚れが定着するだけでなく、伸び縮みの原因にもなります。クリーニング店で、伸び縮みしてしまうのは、たいていが高温の乾燥機で攪拌するのが原因です。

洗濯物は陰干しをお勧めしたいですね。陽の当たらない外に干す。または風通しをよくして、室内で干します。梅雨の時期は、エアコンで除湿するのが効果的です。急ぐ場合、クリーニングプロは除湿機と温風機を併用しています。ウールの素材のものや、セーターなどは網の上で、平干しするのがもっとも衣類にやさしい乾燥方法です。

汚れにアイロンは禁物

保管クリーニングと衣類のお手入れ

汚れたままのスラックスやスカ―トなど、ヒダの折り目だけでも整えようとアイロンをかけてしまうと、汚れやシミが熱によって、しっかりと定着してしまいます。こうなるとクリーニングに出しても、汚れやシミがとれにくくなります。

アイロンは、必ず洗濯してからかけるように心がけましょう。衣類は熱に弱いので、アイロンがけは、温度調節が大切です。ウールや、絹、熱に弱い合成繊維は、なるべく低い温度でかけてください。

付いてすぐならほとんどのシミは落とせます

保管クリーニングと衣類のお手入れ

しみは、時間が経てば経つほど取れなくなります。ついてすぐならほとんどのシミは落とせます。
タオルを下に敷き、水、中性洗剤を付けて、叩き落すのが効果的、決してこすらないように。
それでも取れない場合は、水につけ、洗剤でブラッシング、水道水で流し洗い。これを何回か繰り返すと取れてしまいます。シミによっては、汚れが取れても色素が残ります。
難しいものは、早めに染み抜きのできるクリーニング店に依頼をすることをお勧めします。

衣服は熱に弱い

保管クリーニングと衣類のお手入れ

アイロンの熱だけでなく、乾燥機も衣類にとって良くありません。
衣服の風合いがなくなるだけでなく、しみや汚れが残っていると、熱で定着してしまいます。
伸縮性のある繊維、縮み加工の衣服は熱によって、変形してきます。洗濯も常温で洗うのが、基本です。
衣類の乾燥は、自然乾燥、セーターなどは、平干しをお勧めします。
洗濯は常温で、脱水機の時間は短く、乾燥は自然乾燥、アイロンは蒸気をうまく利用するというのが、上手なお洗濯術です。

汗はドライクリーニングでは落ちない

保管クリーニングと衣類のお手入れ

ドライクリーニングでは、皮脂等の油性の汚れは良く落ちますが、汗や清涼飲料などの水に溶けやすい汚れは落ちません。ドライ溶液は油性なので、水溶性の汚れを溶かすことはできないのです。このような水溶性の汚れを落とすためには、やはり水洗い処理をしなければなりません。

ドライマークの衣類も水洗いで汗汚れもすっきりします。
注意点は、洗濯機は弱い水流で、お湯は使わない。乾燥機に入れない。陰干しで乾燥。セーター・ニットなど伸びる可能性のあるものは、平干しで乾燥させることです。

漬け置き洗いのすすめ

保管クリーニングと衣類のお手入れ

洗濯機に入れられないビーズ・スパンコールなどの飾りの付いた繊細な衣類は、お風呂に水を浸して、衣類を一晩つけるだけで、汚れや、汗の汚れが取れてしまいます。エリや脇の下、汚れの部分を固形石けんをこすりつけ、軽くブラッシングして前処理をしておくと、たいていの汚れは取れてしまいます。

繊細な衣類は、熱をかけない、洗濯機でかき回さない。乾燥機に入れない。アイロンは蒸気でかけるのが、コツです。

洗濯表示を過信しない

保管クリーニングと衣類のお手入れ

ウール100%、コットン100%、合成繊維などの表示と一緒に、裏地やポケットの中についている洗濯表示を、よく見て洗濯するのは大変大事なことです。クリーニング店でも、不明なものは、必ず洗濯表示を確認します。

ファッション性が豊かになるとともに、水洗い×の衣類が増えてきました。加工された衣類のほとんどは、ドライマークが表示されています。しかし、中にはメーカーが間違ってつけたものがあります。例えば、つやのあるポリウレタンのジャケットで、裏地がレーヨン。ドライクリーニング指定で、水洗い禁止の洗濯表示がつけられています。

実際にドライクリーニングをしてみると、表地と裏地のはく離が起こり、表地がしわしわの状態になってしまいます。石油系のドライ溶液が、表地と裏地の接着剤を溶かしてしまうのです。またシールや、ワッペンが付いたコットンのジャケットなどにも、ドライマークが表示されています。これもドライクリーニングをすると、はがれてしまうのです。

Tシャツでドライマークも、水洗いマークも×のものがあります。Tシャツが洗濯できないというのは、ちょっと信じがたいことです。 衣類を購入する時は、洗濯表示タグを確認したいものです。